ホームユークイ(豊年祭)

伊良部島のユークイ(豊年祭)

伊良部島に最初に移住した民族から500年以上続いている伝統的なお祭りが、この”ユークイ(豊年祭)”です。伊良部島ではたくさんの祭りや行事・神願いがありますが、その中でもこのユークイは年に一度の特別な行事として普段、地元の人でも入ることが許されていないウタキ(御獄)」の中で、夜中まで続く前夜祭から翌日まで一日中、島全体がご先祖様と神様のお祝いで賑わいます。
このユークイの日取りは、”村主(そんしゅ)と呼ばれる神役目の方が、神様の啓示を聞きながら決めます。そしてこのお祭りのすべてを取り仕切るのが、沖縄では珍しい男性の司(つかさんま)です。伊良部島では島に移住した民族ごとに言葉が違いますが、伊良部部落・仲地部落・長浜部落・佐和田部落・国仲部落の5部落が同じ日時でこのユークイを行います。

各部落ごとにユークイ(豊年祭)を行う習慣の為、島の方たちは他の部落のウタキに入ることはほとんどありません。ご先祖や土地へ感謝する心を持ってこの伊良部島に皆様に喜ばれる行動ができる方を対象に、年に一度だけ、伊良部島以外の方をお連れする機会を作っています。参加を希望される方は、ホテルてぃだの郷 までご連絡下さい。

宮古島の北の島 池間島から移住した池間民族(池間添(いけまそえ)・前里添(まえざとそえ))にも豊年祭はありますが、習慣や文化が違うためにお祭りの日時やしきたりが違います。風習は違っていてもご先祖に感謝し、お年寄りを大切にしてすべての神様に感謝する心は、どの部落も同じように伊良部島の子供たちへ伝えられています。